ダイエットを成功させようとするあまり、絶食すれすれまで食事の量を減らしたりする人が、少なくないといいます。食べたいと思っているけれども、ダイエットを成功させたい一心で、わずかな量しか食べていない人もいます。食事を減らせば、確かにその直後は痩せることができるかも知れませんが、リバウンドをしやすいというデメリットがあります。ダイエットを続けたいと思っても、食べる量を少なくしすぎて体へ負荷をかけすぎ、継続不可能になることもあります。カロリーを少なくするには、食事の量を減らすより、メニューを変えることでできる場合があります。ダイエット効果がある食事のアレンジ方法とは、主食を白米をお粥にするというものです。主菜や副菜は、これまで通りで問題はありません。お粥は、水で体積を増やしていますので、白米と同じ分量を摂取した場合でも、十分な満腹感が得られることでしょう。水に白米をプラスしてお粥をつくることができるため、カロリーはその分減ります。お粥を食べて、白米をやめるという献立アレンジをするだけで、カロリー制限ができます。ダイエットのためにカロリー制限をしすぎると食べられないストレスで精神に負荷がかかりますが、お粥ならばその点も大丈夫です。主食をお粥にすることで、量をたくさん食べているような気にはなりますが、実のところ水で量を多くしているだけですので、カロリー制限になります。食事では、どうしてもカロリー過多になってしまいがちという人は、お粥を用いたダイエットをするといいでしょう。